お問い合せはこちらから

低分子紫菊ルテオリン

 
独自技術で高浸透化 
  ~ 低分子紫菊ルテオリン ~2019.02.26

山形県伝統の紫菊「延命楽」から植物の力を引き出すATG技術で原料化しました。
高浸透ルテオリンによる抗炎症美白効果が期待できる原料です。


1. 紫菊とは

キク科キク属で、学名「Chrysanthemum morifolium」
山形県産の紫菊品種「延命楽」を使用しており、これは「もって菊」や「もってのほか」とも言われます。
香り高くきりっとひきしまった花姿から、花言葉は「高貴」「高尚」「高潔」です。
花姿は八重で、八重菊は皇室の家紋として使われてきました(菊花紋章)。
香りや味、食感ともに最高の品種で、食用菊の横綱とされています。
紫菊には、黄菊に多く含まれるカロテノイドがほとんど含まれないことから、その代わりとなる強力な紫外線防御物質が含まれると考えられます。


2. ATG技術とは

植物は老廃物や老化した細胞を分解することによって低分子化して新陳代謝に再利用する能力をもち、このことをオートファジー(ATG)と呼びます。オートファジーは、2016年ノーベル生理学・医学賞(大隅良典先生が受賞)により有名になった生命現象です。
紫菊の花弁に含まれるフラボノイドは一般に、ルテオリンマロニルグルコシド(MW534)、ルテオリングルコシド(MW448)あるいはアピゲニンマロニルグルコシド(MW518)などの配糖体として存在し、アグリコンはほとんど含まれません(左図)。しかしATG技術により製造した原料(右図)には、低分子化アグリコンである高浸透ルテオリン(MW286)が多く含まれます。そこで本原料を、「低分子紫菊ルテオリン」と名付けました。ルテオリンは黄菊では微量なフラボノイド成分で、紫菊に特徴的に多く含まれます。


3. ルテオリンの特長

ルテオリンはフラボノイドの1種で、植物が紫外線から身を守るために産生すると考えられています。ルテオリンは配糖体やアグリコンとして、約300種の植物に含まれていることが知られています。
薬理的な作用としては、その高い抗酸化性によるものだけでなく、生体内の核内受容体に対して脂溶性のリガンドとして作用することで、様々な効果を発揮すると考えられています。
構造的な特徴として、フラボノイドB環の3’と4’に水酸基を配位した、いわゆるカテコール構造をもちます。カテコールは強い還元力をもち、強い抗酸化活性を発揮します。また、カテコールは抗炎症性転写因子であるNrf2を活性化し、その活性化は生体内酸化ストレスを制御し、解毒代謝活性を亢進することが分かっています。
つまりルテオリンは、生体自身が本来持つ抗酸化防御システムを高めると考えられます。


4. 有効性情報と期待される効果

 

有効性情報
・ラジカル消去
・スーパーオキシド消去
・過酸化脂質生成抑制
・チロシナーゼ阻害
・炎症関連遺伝子発現抑制
・Nrf2活性化1) 
・Ahrを介した解毒代謝亢進2)
 

期待される効果
・抗酸化
・抗光老化
・抗炎症
・美白
・細胞内抗酸化
・解毒
 

1) Liu CW et al. Free Radic Biol Med. 95 180-9 (2016)
 Luteolin inhibits viral-induced inflammatory response in RAW264.7 cells via suppression of STAT1/3 dependent NF-κB and activation of HO-1.
2) Ashida H et al. Pestic Biochem Physiol. 120 14-20 (2014)
 Luteolin suppresses TCDD-induced wasting syndrome in a cultured adipocyte model.
 


5. “低分子紫菊ルテオリン”の美白作用 -in vitro-

<試験方法>
チロシナーゼ活性阻害試験:メラニン合成酵素チロシナーゼに対する阻害効果を、ドーパからドーパクロームの酵素生成物の量で測定    
試験濃度:40, 400μg/mL

<結果と考察>
”低分子紫菊ルテオリン”はチロシナーゼ活性を阻害しました。チロシナーゼはメラニン産生に必須の酵素です。紫外線などの影響で活性化し、色素細胞中でチロシンというアミノ酸から段階を経てメラニンになる際に作用します。シミなど色素沈着のある肌で活性化しています。


6. “低分子紫菊ルテオリン”の抗炎症関連の美白作用 -ヒト表皮角化細胞-

<試験方法>
ヒト表皮角化細胞を24時間培養。その後、”低分子紫菊ルテオリン”含有DMEMを加え48時間培養。RNA抽出よびcDNA合成、cDNAを用いてRT-qPCR
試験濃度: 400μg/mL

<遺伝子の特徴>
IL1A(Interleukin-1α: インターロイキン-1α)
表皮細胞から産生される炎症性サイトカイン。産生されたIL-1αは色素細胞を刺激し、メラニン産生を促進します。紫外線などの影響で増加し、シミ形成の原因となります。
MIF(Macrophage migration inhibitory factor: マクロファージ遊走阻止因子)
色素細胞でのメラニン合成促進因子の産生を促進するタンパク質。紫外線などの影響により表皮細胞から分泌され、SCFやPAR-2の産生促進を介してシミ形成を促進します。

<結果と考察>
”低分子紫菊ルテオリン”は、ヒト表皮角化細胞において、IL1AとMIFの遺伝子発現を抑制しました。
紫外線などによって発生するROSは表皮細胞の様々な“遺伝子スイッチ”を入れ、IL1AやMIFなどのタンパク質の産生が促進されます。
IL1Aは、EDN-1やSCF産生を高めることを通じてチロシナーゼ活性を高めます。MIFは表皮細胞のSCF産生を促進すると同時に、プロテアーゼ受容体(PAR-2)の生成も高めます。メラノサイトで過剰生産されるメラニンは、表皮細胞上のPAR-2を介して表皮細胞に移行し、蓄積してしまいます
”低分子紫菊ルテオリン”には、これらの因子を抑制することによる美白効果が期待できます。


7. ”低分子紫菊ルテオリン”の抗酸化作用

<試験方法>
ラジカル消去試験:DPPHラジカルの消去能を測定
過酸化脂質生成抑制試験:リノール酸が酸化してできる共役ジエンを測定
スーパーオキシド消去試験:キサンチン/キサンチンオキシダーゼ系により生じるO2-を測定
試験濃度:4, 40, 400μg/mL

<結果と考察>
”低分子紫菊ルテオリン”は、ラジカル消去作用、過酸化脂質生成抑制作用およびスーパーオキシド消去作用を示しました。
高浸透ルテオリンは皮膚の深層へと浸透し、紫外線暴露により生じるROSを消去することにより光老化抑制効果が期待できます。また、過酸化脂質の生成を抑制することにより、過脂化メラニンの産生を抑え、皮膚のターンオーバーを正常化することによる、美白効果も期待できます。


8. "低分子紫菊ルテオリン"の美白効果 -まとめ-

”低分子紫菊ルテオリン”は、紫外線が惹起するROSを消去することにより、光老化抑制効果を発揮します。また、その強力な還元力により、皮膚浅層においてメラニン還元による美白効果も期待できます。
高浸透成分であるルテオリンは肌の奥へと浸透し、角化細胞や色素細胞に働きかけ、炎症によるメラニン産生刺激やメラニン合成活性を抑制することによる美白作用を発揮します。


9. 製品情報

原料情報
・山形県産食用菊「延命楽」を使用
・表示名称:キク花エキス
・INCI名: CHRYSANTHEMUM MORIFOLIUM FLOWER EXTRACT
・中文名称:菊(CHRYSANTHEMUM MORIFOLIUM)花提取物

安全性情報
・24時間閉塞パッチテスト:刺激性なし
・SIRC細胞を用いた眼刺激性試験:刺激性なし
・ROSアッセイによる光毒性試験:陰性



※本資料の著作権は出典が明記されているものを除き、原則、株式会社サティス製薬に帰属します。目的と方法を問わず、本資料の一部または全部について無断で複写、複製、引用、転載、翻訳、貸与等を行うことを禁止します。本資料は原料技術資料であり、本資料で紹介している表現は、各種法律に違反しないことを何ら保証するものではありません。