お問い合せはこちらから

浜梨の実発酵エキス

 
北海道アイヌ民族の知恵
 和のローズヒップと乳酸菌の力
  ~ 浜梨の実発酵エキス ~2019.03.04

過酷な冬の北海道で古来よりアイヌ民族により食されてきた
和のローズヒップ、浜梨(ハマナス)の実
これを植物の力を引き出す乳酸菌で発酵
表皮のセラミド産生能を活性化する業界初の抗酸化・保湿エキス


1. 浜梨の実とは

バラ科バラ属で、学名「Rosa rugosa」
原産地は日本で、とくに襟裳岬から網走など、北海道の沿岸に自生しています。食用の果実(正しくは偽果)で、「浜に生える梨」からの「浜梨」が語源です。ハマナスの花は、北海道に多く自生していて花が美しいこから、「北海道の花(道花)」に指定されています。

北海道のアイヌ民族が古くから壊血病の予防と治療に利用してきたことからも、薬理効果が高い植物です。ビタミンCやポリフェノールを豊富に含み、ジャムや果実酒などに利用されています。

本原料には、北海道オホーツクの紋別郡興部(オコッペ)町の農園で無農薬栽培されたこだわりの果実を使用しています。


2. 乳酸菌発酵により浜梨の実の力を引き出す

原材料(植物)を乳酸菌発酵させると、乳酸菌の増殖・代謝によりアミノ酸や乳酸などの有機酸が生成し、化粧品原料の性能を高めることができます。

当社では、「人と地球をもっと綺麗に、ずっと綺麗に」をミッションに、
      植物を独特に活用した化粧品の製品開発
を行っています。

今回、薬用植物として古くから伝わる浜梨の実の新たな価値を引き出すため、乳酸菌発酵を行いました。
果実に含まれる糖分により乳酸菌の増殖と代謝が促されます。

乳酸菌発酵により、未処理ではほとんど含まれていなかった乳酸が大きく増加しました。
乳酸は、肌を弱酸性に保ち、肌のターンオーバー改善や皮膚有害細菌の繁殖抑制などの効果が期待できる成分です。
さらに乳酸菌発酵後のエキスでは、GABAが増加していました。

GABA:ヒアルロン酸およびコラーゲン産生促進(肌のしわたるみを予防)

乳酸菌発酵により、未処理ではほとんど含まれていなかったアグリコン型のケルセチンが大きく増加しました。
乳酸菌の代謝によりフラボノイドの低分子化が起きたものと考えられます。
ケルセチンはタマネギ外皮に多く含まれる成分として有名で、抗酸化性が高く健康成分として注目されています。


3. 有効性情報と期待される効果

 

有効性情報
・ラジカル消去
・スーパーオキシド消去
・過酸化脂質生成抑制
・保湿関連遺伝子発現促進
・チロシナーゼ阻害
 

期待される効果
・抗酸化
・抗光老化
・保湿
・美白
 

 


4. 浜梨の実発酵エキスの抗酸化作用

<試験方法>
ラジカル消去試験:DPPHラジカルの消去能を測定
過酸化脂質生成抑制試験:リノール酸が酸化してできる共役ジエンを測定
スーパーオキシド消去試験:キサンチン/キサンチンオキシダーゼ系により生じるO2-を測定
試験濃度:8, 80μg/mL

<結果と考察>
浜梨の実発酵エキスは、ラジカル消去作用と過酸化脂質生成抑制作用、スーパーオキシド消去作用を示しました。
浜梨の実にはフラボノイドなどの抗酸化成分が豊富に含まれることが知られています。今回、乳酸菌発酵によりその一部が低分子化されていたことから、
乳酸菌発酵は植物性抗酸化成分の皮膚への浸透性を高めるために有効であると考えられます。
抗酸化成分は皮膚へと浸透し、紫外線暴露により生じるROSを消去することにより光老化抑制効果が期待できます。


5. 浜梨の実発酵エキスの保湿作用 -ヒト表皮角化細胞-  

<試験方法>
ヒト表皮角化細胞を24時間培養。その後、“浜梨の実発酵エキス”含有DMEMを加え48時間培養。
RNA抽出よびcDNA合成、cDNAを用いてRT-qPCR
試験濃度: 0.8, 8, 80 μg/mL

<遺伝子の特徴>
TGM(Transglutaminase: トランスグルタミナーゼ)
肌のバリア機能に関わる「コーニファイドエンベロープ(Cornified envelope:CE)」の形成や成熟促進をする酵素。湿度が高い環境で活性が高まり、成熟したCEを生成します。CEの成熟は、肌のバリア機能や水分保持能の維持・向上に繋がります。
GBA(β-glucocerebrosidase: β-グルコセレブロシダーゼ)
セラミドの前駆体であるグルコシルセラミドからセラミド(セラミドEOP(セラミド1))を産生する酵素。表皮細胞で産生され、外的刺激から守るバリア機能を担っています。加齢などによりセラミドが減少すると乾燥の原因となります。
SMPD(Sphingomyelin phosphodiesterase: スフィンゴミエリナーゼ)
セラミドの前駆体の一つであるスフィンゴミエリンからセラミド(セラミドNS、セラミドAS(セラミド5))を産生する酵素。表皮細胞で産生され、肌の水分保持を担っています。作り出されるセラミド量が増えることで肌のバリア機能や水分保持力が向上します。

<結果と考察>
浜梨の実発酵エキスは、ヒト表皮角化細胞において保湿に関わる重要遺伝子であるTGM、GBAおよびSMPDの発現量を促進しました。
セラミドとアミノ酸はそれぞれ肌の3大保湿因子の一つです。また、セラミドとコーニファイドエンベロープは角層を強固なものとし、バリア機能の維持に大きく関わります。
浜梨の実発酵エキスは、果実由来の抗酸化性に加えて、保湿機能とバリア機能の両方の改善効果をもつことが期待できます。


6. 浜梨の実発酵エキスの美白作用 -in vitro試験-

<試験方法>
チロシナーゼ活性阻害試験:メラニン合成酵素チロシナーゼに対する阻害効果を、ドーパからドーパクロームの酵素生成物の量で測定
試験濃度:80μg/mL

<結果と考察>
浜梨の実発酵エキスはチロシナーゼ活性を阻害しました。チロシナーゼはメラニン産生に必須の酵素です。紫外線などの影響で活性化し、色素細胞中でチロシンというアミノ酸から段階を経てメラニンになる際に作用します。シミなど色素沈着のある肌で活性化しています。


7. 製品情報

原料情報
・北海道産の無農薬栽培の浜梨果実を使用
・表示名称:乳酸桿菌/ハマナス果実発酵エキス液
・INCI名: LACTOBACILLUS/ROSA RUGOSA FRUIT FERMENT EXTRACT FILTRATE
・中文名称:なし
 ※新規名称

安全性情報
・24時間閉塞パッチテスト:刺激性なし
・SIRC細胞を用いた眼刺激性試験:刺激性なし
・ROSアッセイによる光毒性試験:陰性



※本資料の著作権は出典が明記されているものを除き、原則、株式会社サティス製薬に帰属します。目的と方法を問わず、本資料の一部または全部について無断で複写、複製、引用、転載、翻訳、貸与等を行うことを禁止します。本資料は原料技術資料であり、本資料で紹介している表現は、各種法律に違反しないことを何ら保証するものではありません。